お口の健康を通して、今後の人生がより豊かになるように全力でお手伝いさせていただきます。

治療案内

  • HOME »
  • 治療案内

bb0313line_01
生涯にわたり、おいしく食事をするためには、お口の中の環境を良くすることが大切です。
虫歯がある場合は、まず虫歯を治療することが第一歩になります。
歯をできるだけ残すためにも、早めに治療にお越しください。
治療後は毎日の歯磨きと、歯科医院での定期的な検診を受けていただくことで、
虫歯になるリスクを最大限減らすことができます。

とは言っても、
「歯医者は何となく怖い…」
「虫歯があるのはわかっているけど、痛くないからほったらかし…」
「痛い治療はイヤ…」
と思われている方が多いのは現実です。

歯医者が怖い原因は、治療時の痛みもそうですが、歯を削る時の音や、
今何をされているのかがわからない不安要素が大半
のようです。
line_01
当院ではなるべく痛くない治療を心がけ、患者さんが納得されるまで治療についてのご説明を行います。
不安な点やわからないことがありましたら、お気軽にお尋ねください。

read_31

削ってしまったり、抜けてしまった歯は二度と元には戻りません。
治療は早いことが肝心ですが、虫歯・歯周病にならない歯を作る予防が最も重要です。
定期的なメンテナンスが歯の寿命の決め手です。虫歯・歯周病は予防ができます。
高齢になっても自分の歯で食事が楽しめるよう、しっかりケアをしましょう。

・ブラッシング(毎日の歯磨き)

正しいブラッシングは虫歯・歯周病の予防に効果があります。
自分に合った歯ブラシデンタルフロスなども併用することで、より予防効果を高めることができます。
当院でも、患者さんにあった歯ブラシの紹介や予防グッズを取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。

treatment_02

・PMTC(歯のクリーニング)

毎日のブラッシングでは磨きにくい場所や歯周病の原因となる歯周ポケット内の汚れを、
歯科医院専用の器械を使ってクリーニングするのがPMTCです。
歯の着色も除去することができるため、
PMTCを定期的に行うことで虫歯や歯周病の予防に大きな効果があります。

treatment_03

・フッ素塗布

フッ素には、初期虫歯を修復(再石灰化)する効果があります。
歯質を強く、虫歯になりにくくする効果もありますので、
フッ素塗布によって虫歯になるリスクを下げることができます。

read_32

treatment_01

歯周病はお口の中だけではなく、全身に影響が出る事があります。
また歯周病は再発の多い病気と言われています。
治療により症状が改善したとしても、溶けてしまった骨が元通りになったわけではなく、
ほとんどが歯と歯肉が弱った状態で治っているにすぎません。
歯磨きが不十分であったり、メンテナンスを怠ると細菌が活動しはじめ、「再発」を起こしてしまいます。
また、残念ながら治療にも限界があるため、部分的に治りきらないところが残ってしまう場合もありますが、
継続的にメンテナンスをすることでさらに悪い状態にならないよう、進行を食い止めることができます。

当院でぜひお口の中の状態を確認し、しっかりとした歯のメンテナンスをしていきましょう。

read_33

歯科医院に来院される大きな理由の一つが「虫歯になったから」だと思います。
では、なぜ、虫歯ができるのでしょうか?

虫歯とは口腔内でミュータンス菌という虫歯菌が作り出した酸によって
歯が溶かされ、穴があいてしまう病気です。
虫歯になりはじめの頃は痛みを感じないため、自覚症状がないまま進行してしまうのが特徴です。
一度虫歯になると自然には治らず放っておくとどんどん悪化してしまいます。
早めに治療をすることで、痛みも削る部分も少なくてすみます。
初期のうちに診察を受けましょう。虫歯は以下のように進行していきます。

進行度 イメージ 状態と治療 治療方法
CO treatment_11 エナメル質が酸によって白濁した、
虫歯の前兆ともいえる状態です。
・丁寧なブラッシング
・定期健診
C1 treatment_12 エナメル質が溶け、少し黒ずんでいる状態です。
しみたり、痛みなどの自覚症状はありません。
・プラークコントロール
・フッ素塗布
・レジン充填
C2 treatment_13 虫歯が象牙質まで進行した状態です。
冷たい物や甘い物がしみたり、
歯ブラシの毛先が当たって痛んだりします。
さらに進行すると熱い物もしみるようになります。
・レジン充填
・インレー(詰め物)
・クラウン(被せ物)
C3 treatment_14 虫歯が歯髄(歯の根)まで進行した状態です。
熱い物がしみたり、ズキズキと
激しい痛みに襲われることもあります。
歯の根の治療が必要になることもあります。
・インレー(詰め物)
・クラウン(被せ物)
・根管治療(根の治療)
C4 treatment_15 歯が歯根だけになり、歯髄が壊死した状態です。
根の先端に膿がたまるようになり、
頬やあごまで大きく腫れることもあります。
歯を残すことが難しい場合、
抜歯を考えなくてはならないこともあります。
・クラウン(被せ物)
・根管治療(根の治療)
・抜歯

treatment_16・レジン充填
虫歯の部分を削り、白い詰め物をする治療です。
※保険適用
line_01

treatment_17・インレー
一般的に「銀歯」と呼ばれるのがこのインレーです。
歯を削った後、型をとって作った詰め物を入れる治療です。
※保険適用(銀色)
line_01

treatment_18・クラウン
虫歯の部分が大きかったり、深かった場合に、
歯の形に合わせて作った被せ物を、歯全体に被せる治療です。
※保険適用(銀色)
line_01

・歯を削らない虫歯治療

当院ではドックスベストセメントを導入しています。
ドックスベストセメントとは、アメリカで生まれた、虫歯をほとんど削らずに治療ができるお薬です。
ほとんどの場合、歯を削らず麻酔も使わずに治療が行えます。また、ドックスベストセメントは、虫歯を殺菌する成分を半永久的に出し続けるので、
虫歯が治るだけでなく、再発も予防してくれます。

※ドックスベストセメントを使用した治療は、保険診療では行えないため、自費診療となります。
※虫歯が神経に近い部分まで進行している場合、適用が難しいことがあります。

歯を削らないことは、痛みがないだけでなく、歯の寿命を延ばすことに繋がります。
ドックスベストセメントを使用することで、歯を大きく削ったり、
神経を抜いたりする治療に比べて、治療回数や費用を少なくすることができます。
虫歯などでお悩みの方は、ぜひ当院へご来院ください。

・無痛治療を心がけます

当院の無痛治療は、添付の表面麻酔を塗り、添付のカートリッジウォーマーによって
体温と同じ温度に温めた麻酔液を電動麻酔器にてゆっくり注入するので、麻酔の痛みは最小限にできます。

・表面麻酔
麻酔の針を刺す前に、歯茎にゼリー状の麻酔を塗ります。
この麻酔を塗ることで、麻酔の針を刺す時の「チクッ」とした痛みが軽減されます。
line_01

・カートリッジウォーマー
体温と麻酔液の温度差で痛みが出ることがあります。
それを防ぐため、麻酔液を体温と同じくらいの温度に温めておきます。
line_01

・電動麻酔器
麻酔を打つのにはとても力が要りますが、勢いよく麻酔液を注射してしまうと、
その圧力で痛みを感じたり、体調が悪くなったりしてしまうこともあります。
当院では電動麻酔器を使い、痛みを感じにくいスピードでゆっくりと麻酔液を注射します。
できるだけ痛みの少ない治療を心がけていますが、痛みの感じ方には個人差があります。
治療中に「痛い!」と感じた時は、遠慮なくスタッフにお知らせください。
line_01

read_34

お子様の健康を守るため、虫歯治療や将来虫歯を作らないように予防対策をして、お口の中の健康管理します。
特に乳歯は虫歯になりやすく、永久歯にも大きな影響を与えます。
お子様の将来を守るため、「予防」「虫歯の早期発見・早期治療」をしていきましょう。

・フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布し、歯の再石灰化を促進します。
虫歯菌が酸を作るのを抑制、歯の質も強化されます。

・シーラント

かみ合わせの溝をプラスチックの材料で埋める予防処置です。
奥歯のかみ合わせ部分は虫歯になりやすい部分です。
シーラントは歯を削らないので痛みはありません。

read_35

義歯とは、俗に言う「入れ歯」のことです。
歯を失ってしまった場合、何らかの形で歯を入れなくてはなりません。
その理由は大きく分けて以下の3つです。

1.歯がないと、食べ物が噛めないから
2.噛むことに不自由はないが、歯がないままにしておくと噛み合う歯が伸びてくるため、それを防止する
3.見た目が悪いから

義歯を入れる理由は様々ですが、問題なのは義歯の設計です。
例えば、歯が2本なくなった場合、引っ掛ける針金によって設計がかわってきます。
患者さんひとりひとりにあった最適な設計を考え、治療を行っていきましょう。

read_36

インプラントとは、歯を失ってしまった時、
顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療です。
見た目も自然で、義歯とは違って違和感なく噛むことができます。
当院ではより安全なインプラント治療を行うため、最新の歯科用CTを導入しています。
設備案内へ

treatment_19

line_01

【義歯・インプラント・ブリッジの違い】

種類 インプラント ブリッジ 入れ歯
形状 treatment_20 treatment_21 treatment_22
耐久性 10年以上 5年〜15年 3年〜5年
審美性
安定感
違和感/異物感 なし あり
食感の変化 なし なし
ブラッシング 通常と同じ 歯間ブラシを使用 毎回取り外して洗浄
手術のリスク なし なし
健康な歯への負担 なし ×
メリット
  • 自分の歯に近く、自然に見える
  • 周りの健康な歯を一切削らなくてよい
  • 自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べ物の味や食感がわかる
  • 顎の骨が痩せるのを防止できる
  • 比較的簡単に治療が受けられる
  • 固定式のため、装着しても違和感があまりない
  • 治療期間が短い
  • 比較的簡単に治療が受けられる
  • 健全な歯を削らなくてよい
  • 治療期間が短い
デメリット
  • インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要
  • 糖尿病などの全身疾患がある場合には治療ができない場合がある
  • 支えになる両隣の健全な歯を削る必要がある
  • 支えになる歯への負担が大きい
  • 歯の抜けた部分の骨がやせる場合がある
  • 噛む力が弱いので、固い食べ物に苦労する場合がある
  • 口の中で違和感を感じやすい
  • はっきりした発音がしにくい
  • 見た目がよくない場合がある
保険適応 保険外 保険適応/保険外 保険適応/保険外

read_37

審美歯科は、より自然で美しい口元にすることを目的とした治療です。
銀歯や歯の黄ばみ、歯並びなど、口元のお悩みを取り除き、
患者さんの美しい笑顔を作るお手伝いをします。

read_38

黄ばんでしまった歯を自然な白さに改善する治療ホワイトニングです。
ホワイトニングは、お口の中の状態にもよりますが、歯を削らずに白い歯にすることができます。
ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニング
自宅で行うホームホワイトニングがあります。

・ティオンホワイトニングシステム

ホワイトニングの効果は、単に歯を白くするだけではありません。歯が白くなることで、健康に対する意識が向上し、より「きれいになりたい!」という気持ちが強くなります。
その気持ちに応えるのがホワイトニングです。

当院では、ティオンホワイトニングシステムを取り扱っています。
ティオンホワイトニングシステムは日本で開発された日本人の歯質にあった安心・安全な製品です。

・ティオンオフィス
ティオンオフィスは、歯科医院で行うオフィスホワイトニングです。
オフィスホワイトニングはその日のうちに効果を出すため過酸化水素濃度の高いホワイトニング剤を使用しますが、濃度が高くなればなるほど知覚過敏などのリスクも高まります。

ティオンオフィスは
新技術「可視光応答型光触媒V-CAT(TiO2-xNx)」
を応用し、比較的低い過酸化水素濃度で、高いホワイトニング効果が出せます。低濃度のため、口腔内への刺激も軽減できる、新しいオフィスホワイトニング剤です。
また、安全なホワイトニングを行うため、歯肉保護レジンでホワイトニングジェルが歯肉に付くのをを防ぎます。line_01

・ティオンホーム
ティオンホームは、マウスピースを使用してご自宅で行うホームホワイトニングです。
ホームホワイトニングは歯科医師の指導のもと、患者さんご自身がご自宅で行うため、高い安全性が求められます。

安心・安全に行っていただくために、比較的低濃度のホワイトニング剤を使用しますので、効果が現れるまで長期間続けていただく必要があります。
※ホワイトニング開始直後に、歯に帯状の筋や白い斑点が生じる事がありますが、ホワイトニングを継続することで目立たなくなっていきます。
ティオンホームのホワイトニング剤はジェル状で、マウスピースに注入する時には流れにくく、口腔内へ装着する時には歯の表面へムラなく均一に広がりますが、流れ出にくいので安心してお使いいただけます。
ジェルには白く色が付いていますので、マウスピースからあふれ出た場合にもわかりやすく、歯の表面に広がっている様子も確認できます。
line_01

 

 


banner_02
read_04
●大きな地図で見る
〒771-0205
徳島県板野郡北島町江尻字中須賀26-3
TEL.088-698-8188
駐車場 有り(12台)
illust_01
read_05
banner_01
※当院が掲載されています。
PAGETOP
Copyright © Sato Dental Clinic All Rights Reserved.